ランサムウェア

製品導入事例

情報セキュリティ対策ソリューション
Cyber Security TWiStの導入事例

海外導入事例一例

民間企業

企業名:드림라인(DREAM LINE)

DREAM LINE

電気通信事業者(通信キャリア)

導入時期:2016.12
アカウント数: 50
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:KT(KT Corporation)

電気通信事業者(通信キャリア)

導入時期:2016.07
アカウント数: 300
利用範囲・利用目的:特殊システムアクセス用に導入/外部の会社からKTシステムへアクセスをする際に使用
導入のきっかけ:機密情報を扱う部署のセキュリティ強化及びグループ会社のセキュリティ強化

民間企業

企業名:세종텔레콤(SEJONG TELECOM)

SEJONG TELECOM

電気通信事業者(通信キャリア)

導入時期:2015.09
アカウント数: 100
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:조이시티(JOYCITY Corporation)

JOYCITY Corporation

ゲーム会社

導入時期:2013.08
アカウント数: 200
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離(金融関連部門の外部ネットワーク分離のために導入)/特殊ネットワークと社内ネットワークの分離(開発ソースコード保護のため、開発部門の一部に導入)
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規/経営層からゲームのソースコードなどのデータを保護するために導入するように指示があった

民間企業

企業名:WEBZEN(Webzen Inc)

Webzen-Inc

ゲーム会社

導入時期:2012.06
アカウント数: 100
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離/特殊ネットワークと社内ネットワークの分離(特殊なサーバー環境にアクセスするためのユーザーとソースの保護のための開発チームの一部を導入)
導入のきっかけ:経営層からゲームのソースコードなどのデータを保護するために導入するように指示があった

金融企業

企業名:KB부동산신탁(KB Real Estate Trust)

不動産金融業

導入時期:2016.11
アカウント数: 200
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:참저축은행(CHARM SAVING BANK)

CHARM SAVING BANK

金融業

導入時期:2014.09
アカウント数: 120
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

金融企業

企業名:공평저축은행(Gongpyung Saving Bank)

Gongpyung Saving Bank

金融業

導入時期:2014.01
アカウント数: 200
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:경찰청(the National Police Agency)

the National Police Agency

警察庁

導入時期:2016.10
アカウント数: 4000
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:국가보안기술 연구소(National Security Research Institute)

National Security Research Institute

国家情報セキュリティ安全保障研究所

導入時期:2015.07
アカウント数: 研究目的のためにインストール
利用範囲・利用目的:研究目的のために1つのシステム構成を提供
導入のきっかけ:研究の目的のために特殊なネットワークを使用する必要があるため

民間企業

企業名:삼성물산 패션부문(제일모직)(Samsung C&T Corporation – Fashion Group)

Samsung C&T Corporation

ファッション関連業

導入時期:2015.09
アカウント数: 3000
利用範囲・利用目的:外部から内部システムへのアクセス制御のために導入/サムスンの支店(外部)からサムスン物産(内部)システムのERP、SAPを利用するために導入
導入のきっかけ:グループ会社のセキュリティ強化及び個人情報などの情報を扱うユーザーのセキュリティ強化のため

公共企業

企業名:한국 가스기술공사(Korea Gas Technology Corporation)

Korea Gas Technology Corporation

天然ガス業

導入時期:2015.09
アカウント数: 1800
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:LG 실트론(LG Siltron Inc)

LG Siltron Inc

半導体材料シリコン製造及び製造業

導入時期:2015.03
アカウント数: 50
利用範囲・利用目的:特殊システムユーザーの特殊なネットワーク接続のために導入
導入のきっかけ:機密情報を扱う部署のセキュリティ強化及びグループ会社のセキュリティ強化

公共企業

企業名:한전원자력연료(KEPCO Nuclear Fuel Company)

KEPCO Nuclear Fuel Company

燃料設計及び燃料製造業

導入時期:2014.10
アカウント数: 1400
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:사회보장정보원(Social Security Information Service)

Social Security Information Service

公共事業の情報システム運用及び統合管理

導入時期:2014.09
アカウント数: 1000
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:기술보증기금(Korea Technology Finance Corporation)

Korea Technology Finance Corporation

投資業

導入時期:2014.09
アカウント数: 1500
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:한국임업진흥원(Korea Forestry Promotion Institute)

Korea Forestry Promotion Institute

森林・林業

導入時期:2014.06
アカウント数: 150
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:참저축은행(CHARM SAVING BANK)

CHARM SAVING BANK

金融業

導入時期:2014.09
アカウント数: 120
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:NAVER(NAVER)

NAVER

インターネットポータルサイト運営

導入時期:2014.05
アカウント数: 350
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離/金融関連部門の外部ネットワーク分離の為に導入
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:롯데렌탈(lotterentacar)

lotterentacar

自動車レンタル業

導入時期:2014.05
アカウント数: 200
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離/金融関連部門の外部ネットワーク分離の為に導入
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:경기도청(Gyeonggi Provincial Government)

Gyeonggi Provincial Government

京畿道行政執行部

導入時期:2013.11
アカウント数: 1000
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離(試験導入)
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:대구광역시 교육연구정보원(Educational Research Information Institute)

Daegu Educational Research Information Institute

教育支援事業

導入時期:2013.12
アカウント数: 100
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:현대백화점(Hyundai Department Store Co)

Hyundai Department Store Co

デパート

導入時期:2013.12
アカウント数: 200
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:현대홈쇼핑(HYUNDAI HOME SHOPPING NETWORK CORPORATION)

HYUNDAI HOME SHOPPING NETWORK CORPORATION

ホームショッピング(インターネット・テレビ通販など)

導入時期:2013.12
アカウント数: 150
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:현대 HCN(HYUNDAI HCN)

HYUNDAI HCN

ケーブルTV放送局

導入時期:2013.12
アカウント数: 50
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:국가 인권위원회(National Human Rights Commission of Korea)

National Human Rights Commission of Korea

国家人権委員会

導入時期:2013.12
アカウント数: 300
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:대전시청(Daejeon Metropolitan City Hall)

Daejeon Metropolitan City Hall

光化学研究

導入時期:2013.08
アカウント数: 50
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離(試験導入)
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

民間企業

企業名:SBS 콘텐츠허브(SBS Contents Hub Co., Ltd.)

SBS Contents Hub Co., Ltd

インターネット・メディア提供会社

導入時期:2013.01
アカウント数: 50
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離/放送コンテンツの保護のため、いくつかの開発チームに導入
導入のきっかけ:経営層から会社の重要なデータの保護のために導入するように指示があった

民間企業

企業名:삼성SDS(Samsung SDS Co., Ltd)

Samsung SDS Co., Ltd

ICTサービス、ITアウトソーシングサービス提供

導入時期:2013.01
アカウント数: 50
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離/開発コンテンツの保護のため、いくつかの開発チームに導入
導入のきっかけ:機密情報を扱う部署のセキュリティ強化及びグループ会社のセキュリティ強化

民間企業

企業名:고려제강(KISWIRE Co., Ltd)

KISWIRE Co

鉄銅加工製造業

導入時期:2013.01
アカウント数: 100
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離/研究所のデータを保護するために研究所のスタッフ全体に導入
導入のきっかけ:経営層から会社の重要な研究資料を保護するために導入するよう指示があった

公共企業

企業名:국가기록원(National Archives of Korea)

National Archives of Korea

国立公文書館

導入時期:2011.07
アカウント数: 700
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:국립수산과학원(National Fisheries Research and Development Institute)

National Fisheries Research and Development Institute

漁業研究開発所

導入時期:2011.07
アカウント数: 500
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:경기도립과천도서관(THE GWACHEON PROVINCIAL LIBRARY OF GYEONGGI)

京畿道華川区図書館

導入時期:2011.12
アカウント数: 100
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離
導入のきっかけ:監査機関からの要求及び法規

公共企業

企業名:비공개 레퍼런스(It is not possible to open(Not allowed))

非公開

導入時期:非公開
アカウント数: 非公開
利用範囲・利用目的:社内ネットワークと社外ネットワークの分離/国家安全保障に利用される特殊なネットワークユーザーに導入
導入のきっかけ:内部セキュリティの流出のリスクを下げるために導入